管理栄養士におすすめ転職エージェントおすすめはこちら

【今すぐできる】管理栄養士の転職理由|例文7個を解説付きで紹介

転職理由キャッチ
  • URLをコピーしました!

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)記事作成方針はみやよしプロフィールをご覧ください。

  • 面接で使える管理栄養士の転職理由の例文を参考にしたい!
  • 経験年数別で転職理由って変わるの?
  • 退職理由はどうしたら良いんだろう

採用担当として、いろんな人の転職理由を聞いているみやよしです。

面接で使える転職理由を考えて、転職活動に集中したいと思いませんか?

実は、ストレートに表現するかポジティブに表現するかで、印象が全く違うものになってきます。

表現方法を変えることで、本音のネガティブな転職理由を面接でも使える転職理由にすることができます。

管理栄養士

転職理由の具体例が知りたい!

そこで本記事では、これから管理栄養士の転職を目指す人に向けて、面接でも使える転職理由と退職理由の例文を紹介するとともに対策方法も解説していきます。

転職理由のアドバイスが欲しい人は、キャリアアドバイザーの質や求人数、対応エリアの理由から栄養士人材バンクが最適です。

栄養士人材バンクの口コミ・評判まとめ|求人事例と管理栄養士の転職成功のコツ3選

また、管理栄養士について網羅的に解説した記事がありますのでこちらもぜひ、参考にしてください。

管理栄養士とは?|面接官が管理栄養士の求められる3つの仕事内容を徹底解説

目次

管理栄養士の転職で使える転職理由4つ例文

転職理由ノート

今の職場では得られないものが他の職場で得られる場合、転職を考えることが多くなります。

  • 他の業界ならやりたいことができる
  • 理想の管理栄養士になるために職場を変えたい
  • 習得したいスキルが今の職場では手に入らない
  • 収入よりもやりがいを優先したい

このように、今の職場では仕組み的に難しいことでも、転職をすることで解決できることもたくさんあります。

管理栄養士

面接でもアピールできる具体的な転職理由が知りたい。

ここからは、例文を用いてそれぞれの業界への転職理由を紹介していきます。

プロフィール
  • 職種:管理栄養士
  • 年齢:25歳
  • 病院の委託給食社員:3年目
  • スキル:給食管理全般

【例文】病院への転職理由|やりたいことができる職場

給食委託会社で2年間、給食管理業務を行っていく中で、施設管理栄養士の仕事が気になり話を聞いていくうちに、私自身も栄養管理や栄養指導に携わりたいと思ったことが転職理由です。とくに、栄養指導は管理栄養士としてのスキルを発揮し、知識を提供することで、患者様の利益になり、病院の収益になり、その結果私のやりがいに繋がっていくと感じました。当院を志望した理由も栄養指導を始め、公開講座、集団栄養指導、訪問栄養指導など様々な指導に携われると考えたため貴院を志望致しました。

病院での管理栄養士の仕事は、栄養指導、栄養管理、給食管理になります。

それぞれ、求められるスキルが異なることから、自分がやりたいことをアピールしていくことが重要です。

病院では、チーム医療として多職種連携が当たり前になるため、コミュニケーション力に関してもアピールできると良いでしょう。

病院転職の注意点

病院への転職理由で、下調べを行わないといけないことは、自分のやりたいことと病院の機能が合っているかどうかです。栄養指導なら急性期、栄養管理なら慢性期や回復期など、同じ病院でも求められるスキルが変わります。

【例文】介護福祉施設への転職理由|なりたい自分になれる職場

実際の利用者様と接しながら栄養ケアマネジメントに携わっていきたいと思ったことが転職の理由です。今までは、給食管理を中心に利用者様へ安全で安心できる食事の提供を心掛けておりました。しかし、実際に利用者様の食事の様子を見る機会がほとんどなかったため、食事提供後に利用者様と触れ合うことで、さらなる満足度向上を目指し、利用者様から求められる施設管理栄養士になりたいと考えました。当施設のHPで、様々な栄養ケアに関する取り組みを行っていると拝見致しましたので、私も貴施設の管理栄養士として働いていきたいと思い志望いたしました。

介護福祉施設は栄養ケアマネジメントを行い、適切な食事を提供します。

利用者により良い生活をしてもらうために、委託給食会社と連携してイベントの企画なども行います。

介護福祉施設の注意点

介護報酬の改定で、1施設に管理栄養士は必ず1名配置になりました。しかし、最低人数の管理栄養士1名だけの配置の施設もあるため、管理栄養士が自分1人だけという状況もあり得るため確認しましょう。

【例文】委託給食への転職理由|スキルアップをしていきたい

小学校給食のような、冷凍食材を使わず1から調理をするような学校給食で、調理のスキルアップをしたいと思ったのが転職を決めた理由です。現職では、病院給食を提供しておりますが、冷凍や出来合いの食材から調理をするため、給食管理のスキルが上がらないのではないかと考えております。もちろん、衛生管理やコスト管理、在庫管理も大切だと実感しておりますが、御社の理念である「安全安心な食事を美味しく提供すること」に感銘を受けると共に御社で美味しい食事を提供していき、スキルアップしたいと思ったので志望いたしました。

委託給食会社は、委託先が病院や介護福祉施設が多い企業と小学校や保育園が多い企業で違いがあります。

自分がどの職域で給食管理を行いたいかを考え、適切な企業選びをしましょう。

委託給食会社の注意点

委託は管理栄養士であっても、給食管理が中心です。例えば、委託先が病院でも栄養管理や栄養指導はできないため注意が必要です。

【例文】保育園の転職理由|子どもたちの成長を一緒に見ていきたい

自分の作った給食で、子どもたちの成長を見てやりがいに繋げていきたいと思ったので、転職を選びました。現職では、病院で給食を作っておりますが委託であることと、対象者は高齢者が多いため退院した患者様がどのように回復して退院できたのか把握できませんでした。保育園では、常に子どもたちの様子を確認することが容易であり、園児や親御さんに対しての指導もしていくことをやりがいとしていきたいと思ったので貴園を志望いたしました。

保育園は、子どもに対してバランスの良い給食の提供をし、おやつの作成やアレルギー対応も行います。

保育園の注意点

保育園は管理栄養士であっても栄養士と給与水準は同じなことが多いです。そのため、収入を優先したい人は注意が必要です。

管理栄養士の転職で使える経験年数別の転職理由3つの例文

転職理由ノートに書く

転職理由は経験年数で異なります。

なぜなら、経験相応な理由でないと違和感があるからです。

たとえば「新人がキャリアアップしたいから転職します」と言われても「まずは与えられた仕事をしっかりこなせるようになってから」と思ってしまうからです。

ここでは経験年数別で使える転職理由を紹介していきます。

先ほど利用した管理栄養士の例で紹介していきます。

【例文】1年目管理栄養士の転職理由|雑な教育体制にリスクを感じた

  • 人員不足による雑な教育体制
  • 説明と違う待遇内容
  • 説明と違う仕事内容
  • 希望した配属先と違う

1年目の管理栄養士の転職理由は、理由をしっかりと選ぶ必要があります。

なぜなら、採用担当から見て1年目の転職は、ほとんどがネガティブな理由で転職しているという理解だからです。

そのなかでも、これは仕方ないと思わせられる転職理由を考えていくことが大切です。

私の転職理由は、教育体制がしっかりしている企業で学び、後に私も教育に携わりたいことが転職理由です。現職では人手不足により、あまり教育が行われないまま現場の1人として数に入れられておりました。基礎を学ぶ前に次々と仕事をこなしていく必要があったため、とてもリスクがあると感じながら業務をこなしております。そのため、教育体制が整っている企業で活躍したいと思うようになりました。私にとって貴院は様々な研修やOJTによる教育体制が整っていることが魅力に感じましたので、御社を志望いたしました。

【例文】2~3年目管理栄養士の転職理由|やりがいを求めていきたい

私の転職理由は目標達成するためのやりがいの追求です。私には自分で作った給食で患者様に美味しく食べて、喜んでもらいながら回復してもらいたいという目標があります。しかし、委託給食の社員ということで患者様に直接会える機会がほとんどなく、時間を作ることも容易ではない状況で、このままでは私が働いていくうえでの目標が達成できないと感じるようになりました。貴院では給食を直営で行っており、給食に力を入れていると伺いました。そこで、安全安心で美味しい食事の提供をすることで、患者様の回復を間近で追っていける貴院を志望するため転職活動を致しました。

2〜3年目の管理栄養士は仕事が少しずつ分かってくるころです。

そのため「やりたいこと」や「やりがい」などが変わってくるタイミングでもあります。

採用担当から見れば、仕事も社会人としてもある程度教育されていて、変なプライドも出てきていないので、採用しやすい年次でもあります。

【例文】6年目管理栄養士の転職理由|スキルアップしたいから

私の転職理由は管理栄養士として、スキルアップしたいという理由から転職を選びました。現職では委託給食社員ということで、給食管理が中心です。しかし、管理栄養士としては栄養指導などのスキルも身に着けたいという願望がでてきたため、病院の管理栄養士になるため転職を決めました。貴院では個人指導だけではなく、集団栄養指導、公開講座、訪問栄養指導など、様々な指導スキルを身に着けられることを伺っております。そのため、私が今まで身に着けた給食管理の知識と貴院の臨床栄養の知識を併せることで、より高度な栄養指導が可能だと考えましたので、貴院を志望いたしました。

この経験年数だと現職の仕事がある程度理解でき、色々な仕事を任されている年次です。

そのため、新しいスキルを取得して次のステップに進みたいと考える人もいます。

自分の仕事にプライドが出てくるタイミングでもあるため、スキルだけではなく、素直さなども注意して採用を行います。

みやよし

変なプライドがあると教育が困難です。

管理栄養士のよくある退職理由もポジティブにする

転職理由喜ぶ女性

管理栄養士の退職理由はネガティブな表現なものが多いです。

ネガティブな表現があると、当院でも同じようになるのではないかと考えてしまいます。

同じ退職理由でもポジティブな表現にすることにより、「もっと話を聞いてみたい」と思うようになるためおすすめです。

ここでは、退職理由をポジティブな言い回しで伝える例を紹介します。

人間関係のトラブルで辛い

ポジティブな表現
ネガティブな表現
  • 貴院のお互いがサポートし合える職場に魅力を感じましたので、退職を選択いたしました。
  • 先輩とうまくいかなくて退職しました。

人間関係がうまくいかないと、とにかく今の職場から離れたいと思いませんか?

この退職理由を考える人は、精神的にも追い込まれていることが多いですが、採用試験で元気がないと「この人、大丈夫かな?」と思ってしまうため注意が必要です。

人間関係のトラブルは最も多い退職理由でもあるため、採用担当を納得させられるようにする必要があります。

管理栄養士

退職理由は職員同士がサポートし合い、働ける職場環境に魅力を感じ前職を退職いたしました。

他の会社に比べて給料が低い

ポジティブな表現
ネガティブな表現
  • より自分を評価してくれる企業と働きたい、社員が顧客に価値を与え、顧客が企業に収益をもたらし、企業が社員を評価する企業で働きたい。
  • 給料が低いため高い企業を選びたい、自分の仕事量はもっと給料が高くても良いと思う。

同じ仕事内容なのに自分の会社の方が給料が低いとへこみますよね。

この退職理由を考える人は賞与や年収が低いことに不満を感じていて、転職サイトやエージェントを利用した際に再確認することで、挙げられる退職理由です。

しかし、「現職の給料が低いから退職しました」とはっきり言ってしまうと「えっこんな正式の場でそれ言っちゃう?」と思ってしまいます。

採用試験のような正式な場で失言をしてしまう人は、患者や利用者にも簡単に失言を言ってしまうため、注意してしまいます。

管理栄養士

退職理由は、自分の仕事内容やスキルが評価されるような職場で、最大限のパフォーマンスをしていきたいと思ったからです。

やりたいことができない

ポジティブな表現
ネガティブな表現
  • 貴院の得意分野で自分のスキルをさらにブラッシュアップしつつ、新しいスキルも取得していきたい。
  • 前職ではやりたいことをやらせてもらえる環境ではなかった。

やりたいことができない環境は不満がたまり、早くステップアップしたいと思ってしまいますよね。

この退職理由を考える人は、働いていくうちにやりたいことが変わってきた、待っていればそのうちできるけど、順番が待てない人に挙げられる退職理由です。

しかし、ストレートに採用担当に伝えると「せっかちで自分の立ち位置を理解できていないのかな」と感じてしまいます。

この退職理由を考える人は言い回しを変えるだけで、積極性があると思われるのでストレートに言わず、相手が納得できるように工夫しましょう。

管理栄養士

退職理由は、食事提案スキルをさらにブラッシュアップしつつ、指導スキルも取得できる職場環境で働きたいと思ったので退職をしました。

勤務形態に不満がある

ポジティブな表現
ネガティブな表現
  • 勤務が固定されていれば、より良いパフォーマンスが出せると感じたため、退職を選びました。
  • 早番や遅番で肉体的、精神的に不満がたまっていったため退職しました。

シフト制の職場だと不規則な生活になり、ストレスがたまりますよね。

シフト制だと安定して休日を設定できず残業も多いため、充実した日々を送るのが難しい人もいます。

この退職理由を考える人は、思っていた仕事内容とのギャップがある人です。

想像以上に大変だったから、土日祝日休みの9:00〜18:00の勤務時間で勤務形態が固定されている職場に行きたいと考えている人が多いです。

しかし、シフト制の仕事については入職前からわかっていたことなので、そのまま伝えてしまうと「わかっていたことでは?」と思ってしまいますので、ポジティブに言い換える対策が必要です。

管理栄養士

よりパフォーマンスを高められると思い、固定勤務のある職場で働きたいと思い退職いたしました。

職場の雰囲気が合わなかった

ポジティブな表現
ネガティブな表現
  • 前職は改善を提案しても新しいことを取り入れづらく、良いパフォーマンスのできる環境で働きたいと考え転職を選びました。
  • 常に時間に追われ、怒鳴り声の中仕事をしていく雰囲気が私には合いませんでした。

今働いている職場が自分と雰囲気が合わないと、もっと良い職場があるのではないかとおもいますよね。

この退職理由を考える人は、職場の雰囲気が合わずストレスになってしまい、他の働きやすい職場を目指して退職する人が多いです。

しかし、転職の際にそのままネガティブな表現で伝えた場合「他で合わなくて、うちでは大丈夫かな?」と思ってしまいます。

普通の職場では対応するようなことも、現職では対応してもらえないことをアピールしましょう。

環境が職場や自分にとってマイナスである場合、自分にプラスになる職場を求めるのは自然な行動です。

管理栄養士

作業同線や業務改善を提案しましたが、新しいことに対して消極的な職場であったため、良いパフォーマンスのできる職場で働きたいと思ったのが退職理由です。

管理栄養士を辞めたいときにすること

転職理由

仕事を辞めたいときは、何か行動をしたいと思いますよね。

仕事を本当に辞めて次の行動をしたい場合、転職に有利な行動をすることがおすすめです。

ここでは、仕事を辞めたいときにすぐにできて、転職に効果的な行動を紹介していきます。

転職サイトを見る

転職サイトを見ることにより、現職が本当にダメな職場なのかを決定し、退職理由や転職理由を明確にしていきます。

退職理由や転職理由が明確になれば、履歴書などの書類の作成や企業に対する質問内容など、準備にすぐに取り掛かることができます。

自分がやりたい業界は、他の人からしてもやりたいことも多いです。

そのため、すぐに行動することが重要です。

すぐに行動できるように、予め情報収集も兼ねて求人を見ることにより、他の求職者よりも早く良い求人に応募することができます。

転職のために資格の勉強をしてスキルをあげる

  • 料理知識
  • 食品知識
  • 献立知識
  • 臨床知識

管理栄養士は栄養の専門職です。

料理の技術は調理師がいるのでそちらに任せて、管理栄養士は知識をインプットし、患者や利用者にアウトプットすることで、価値を提供することができます。

転職するためには、スキルや知識が必要になってくる場面もあるため、アピール材料を増やしていきましょう。

未経験の業界や業種を探す

管理栄養士の仕事をしていると、他の業界や業種にも興味が出てくるため新しいことに挑戦してみたい人もいるのではないでしょうか。

やりたい業界や業種がある人は、その求人を見るだけでもモチベーションが上がるのでおすすめです。

未経験の場合、狭き門の業界も多くあるため、正社員にこだわらずにパートで経験を積みスキルや経験を蓄積してからでも良いことがあるため、競争率の高い業界はパートの選択肢も残しておきましょう。

みやよし

病院の場合は、パートでも栄養指導はできます。

管理栄養士が転職で失敗する最大の原因と対策|1人で転職活動をしない

転職理由デメリット

管理栄養士が転職で失敗するケースはいくつかありますが、とくに失敗する原因は転職初心者なのに1人で頑張ろうとすることです。

なぜなら世の中では、転職するためには転職エージェントを活用することが当たり前になっているからです。

管理栄養士

転職エージェントの登録や電話のやり取りが面倒。

プロが支援している相手と競い合っても勝てる可能性は低くなりますので、面倒かもしれませんが周りと同じ条件になるには行動が必要です。

ここでは、転職失敗する人の原因と対策を紹介していきます。

管理栄養士の転職失敗する最大の原因

転職の優先順位が低い人は転職で失敗することが多いです。

  • すぐに動かなくても良いかな
  • 時間がないしまた今度で良いか
  • 疲れて良いパフォーマンスができないからまた今度かな

動かなくても良い理由の優先順位を上げてしまうことで、そもそも転職活動に移れない人は転職失敗です。

ここでは、それぞれの失敗する原因を紹介していきます。

 自分のペースで転職活動したい

管理栄養士

ゆっくり自分のペースで企業を見つけていきたい。

自分のペースでゆっくり転職活動したい人は失敗の確率が高くなります。

もちろん、自分のペースで行うこと自体が悪いことではありません。

しかし、何となく転職活動しようと考えている人は「忙しいし、今はいっか」となり転職自体を行う前に諦めてしまうことが多くあります。

そのため転職理由を明確にして、着実に前に進めるように準備をしましょう。

みやよし

スケジュールを立て、諦めずに転職活動を続けられるのであれば問題ありません。 

 仕事が忙しくて時間がとれない

管理栄養士

せっかくの休日に転職活動をするのが面倒。

仕事をしながらの転職活動は、時間との勝負でもあります。

しんぷる栄養士のアドバイザーによると、条件の良い求人は掲載から1週間で充足してしまうのが当たり前とのことです。

そのため、時間がとれない理由で中途半端に行動していても失敗しやすいです。

しかし、やる気がないところに、面倒な転職活動を入れるとモチベーションもあがらないため、タイミングを見て一気に取り組みましょう。

期間を長く設定できるのであれば、スケジュールを立てて効率的に行動していくのでも良いです。

 仕事に疲れてしまって行動できない

管理栄養士

疲れて転職活動どころじゃないから、今はやらなくてもいいかな。

転職サイトやエージェントに登録しても疲れてしまい、転職活動ができない人も多くいます。

転職に成功すれば、「疲れて帰ってくる毎日を変えられるかもしれない」「やりがいのある職場で仕事を評価される職場に転職できるかもしれない」など、自分の将来を思い描いて行動してみましょう。

管理栄養士の転職の対策

管理栄養士の転職活動は、環境が大切です。

気持ちや時間に余裕がないと、どうしてもやるきがでなかったり、後回しにしたりしてしまいます。

そのため、スケジュール管理と無料でも優良なツールをうまく使いこなすことが重要です。

ここでは転職活動の対策を紹介していきます。

転職活動は気持ちと時間に余裕のあるうちから取り組む

時間がないときの転職活動では、気持ちに余裕がなくなり、うまくいかない傾向にあります。

なぜなら、焦りの気持ちから良い自己PRや志望動機が考えられず、面接も焦りが伝わってうまくいかないことが多いからです。

スケジュールを組んで長期で考えるか、タイミングを見て短期で一気に転職先を見つけましょう。

無料ツールを使いこなす

管理栄養士の転職対策は、転職エージェントを始め転職サイトなどの無料ツールをいかにうまく使いこなせるかで決まります。

スクロールできます
転職エージェントツール名診断
dodaエージェントサービスレジュメビルダー職務経歴書作成
dodaエージェントサービス年収査定適正年収の分析
リクナビNEXTグッドポイント診断自己分析

無料かつ優良なツールは大手の転職エージェントにあることが多いので、登録を検討しましょう。

みやよし

dodaエージェントは他に比べてツールが多くあります。

自分に合ったエージェントを利用しつつも、無料のツールを利用することで、有利に転職活動をすすめることができます。

転職エージェントにアドバイスを貰う

転職を成功させるためにはプロのアドバイスは必須です。

もちろん、エージェントを利用しなくても転職は可能ですが、企業情報やどんな対応をすれば良いのか1人ではわからないので、利用しないと非効率でしかありません。

そのため1人で不安や悩みを抱えているよりも、答えを知っているキャリアアドバイザーに聞いてしまうのが手っ取り早く確実です。

転職エージェントの登録が面倒と感じると思いますが、面倒な分を返せる費用対効果を持っています。

逆に登録をしなければ、他の求職者に並ぶこともできないでしょう。

キャリアアドバイザーの質、求人数、対応エリアから管理栄養士に特化した転職エージェントのなかで1番のおすすめは栄養士人材バンクです。

こちらに栄養士人材バンクについてまとめた記事がありますのでぜひ、参考にしてください。

栄養士人材バンクの口コミ・レビュー|評判と管理栄養士の転職を成功コツ3選 (miyayoshi7.com)

採用担当が欲しいと思う管理栄養士の特徴は人柄が重要

  • 自然な笑顔で対応できる
  • やる気があり、積極性がある
  • 素直
  • 一緒に働きたいと思える

一般的な回答としてスキルやキャリアなどが挙げられることもありますが、それは上記の最低限な条件をクリアした後の話です。

採用担当もその職場で働く人事担当であったり、管理栄養士だったりするので、まずは一緒に働きたいと思えるかどうかが重要になります。

競争率が高いところでは、上に書いた特徴にプラスしてスキルやキャリアが必要になってくることも事実です。

とはいえ、多少スキルやキャリアが劣っていても、一緒に働きたいと思える方を選びたいのが本音です。

管理栄養士の転職理由まとめ

面接でも使える転職理由7選を紹介してきました。

本音をストレートに伝えるより、ポジティブな表現で伝えた方が採用担当には効果的です。

なぜなら、採用担当である管理栄養士や人事担当も、同じ職場で働く職員であるためです。

紹介してきた転職理由をうまく自分に落とし込めない人は、転職のプロに依頼しましょう。

転職のことで悩んでいる時間がもったいないので、管理栄養士が登録すべき転職エージェントをまとめた記事があるのでこちらもぜひ、参考にしてください。

管理栄養士におすすめの転職エージェント9選|転職サイト1選

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる