管理栄養士におすすめ転職エージェントおすすめはこちら

管理栄養士におすすめの転職エージェント9選|転職サイト1選

管理栄養士 転職エージェント
  • URLをコピーしました!

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)記事作成方針はみやよしプロフィールをご覧ください。

管理栄養士の転職エージェントは、どこを使ったらいいか悩人も多いはず

転職エージェントを選ぶ際は、希望職種の求人が多いところを選ぶことが重要です。

転職エージェントは数多くありますが、「取り敢えず」選ぶと失敗します。

なぜなら、転職エージェントは各社で得意ジャンルが異なるためです。

あなたの条件に合った企業を探してくれる転職エージェントを利用することで、今よりも高い給料と良い環境で働くことができます。

とはいえ、手っ取り早く一番のおすすめを教えてほしいという人もいるはずそんな人は、管理栄養士に特化しており、登録者が12万人と多く、20年以上の転職支援実績があることから「栄養士人材バンク」がおすすめです。

\ 管理栄養士の転職はまずここから/

本記事では、管理栄養士の求人が多いおすすめの転職エージェントと、短期間で理想の職場に転職するコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

本記事を書く私は、病院栄養科の採用担当として2年間40名以上を面接した知見と、8年間転職エージェントや転職サイトを活用してきた経験があります。これらの経験を基に、管理栄養士が転職で失敗しないための方法を紹介します。

こんな人が書いてます
みやよし
みやよし
  • 管理栄養士 主任
  • 病院勤務歴 9年
  • 栄養科の責任者 
  • 病院栄養科の採用担当

@kanri_saiyou

目次

管理栄養士特化型おすすめの転職エージェント

転職エージェントおすすめ

管理栄養士に特化したおすすめする転職エージェントを紹介します。

おすすめの基準は下記の通りです。

  • 業界に精通していて専門知識が豊富
  • サポートが丁寧で親身になって話を聞いてくれる
  • ニーズに合った企業をマッチングさせてくれる

なお、転職エージェントではあなたが本気にならないと、当然ながら良い求人を紹介してもらえることはありません。

したがって、本気で転職したいことをキャリアアドバイザーにアピールする必要があることは頭に入れておきましょう。

栄養士人材バンク

転職エージェント栄養士人材バンク

栄養士人材バンクは、管理栄養士と栄養士全員におすすめできる転職エージェントです。

運営会社の株式会社エスエムエスは、医療介護の転職支援に強い会社であり、東証プライム市場に上場している企業です。

栄養士人材バンクは、福利厚生や給料以外にも、企業の方針や雰囲気など実際に入職しないと分からないところまで情報を教えてくれるため、ミスマッチが少ないメリットがあります。

管理栄養士専任担当が付き、履歴書や職務経歴書、面接対策など、あなたが不安に思うところを徹底的にサポートしてくれるため安心です。

ターゲットが管理栄養士と栄養士なので、迷ったら登録だけでもしておくことをおすすめします。

公開求人数4,700~5,000件
非公開求人不明
求人数

\ 30秒で登録可 /

栄養士人材バンクに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

栄養士人材バンク|評判と管理栄養士の転職を成功させるコツ

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士

栄養士のお仕事」という転職サービスは管理栄養士・栄養士の転職経験者であれば聞いたことがある人も多いでしょう。

栄養士のお仕事は2022年からレバウェル栄養士としてサービスが運営されています。

レバウェル栄養士の特徴はもともと医療に特化したサービスであるため、医療業界に興味がある人におすすめです。

公式HPはサイト型になっているため、隙間時間を活用することができます。

公開求人非公開
非公開求人非公開

\ 安心のサポート/

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

栄養士ワーカーは、最短1ヵ月で転職ができるポテンシャルを持っているエージェントです。

もちろん、求職者本人がやる気にならないと1ヵ月での転職は難しいですが、心機一転して新しい職場で自分らしく働いていきたい管理栄養士におすすめです。

栄養士ワーカーはトライトグループが提供しているサービスでありグループ累計30,000件以上の実績があることから、間違いない転職知識と熱量をもった転職エージェントです。

また、サイト型の転職エージェントでもあるため、隙間時間を有効活用することも可能であるため、ライバルに良い求人を通られないようにこまめにチェックすることができます。

公開求人8960件
非公開求人非公開

\ 30秒で登録可/

栄養士ワーカーに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

栄養士ワーカーの評判は?実体験から口コミの解説とおすすめの理由をレビュー

しんぷる栄養士

転職エージェントしんぷる栄養士

しんぷる栄養士は保育園に興味がある管理栄養士におすすめです。

全年齢をターゲットとしており、Simple株式会社が運営しています。

病院や介護福祉施設、委託給食会社はもちろん、専門職として働きたい管理栄養士は登録の価値ありです。

特に、保育園には強いパイプがあるため、キャリアアドバイザーに確認してみましょう。

関東圏に紹介求人が多いため、それ以外の地域の方は注意が必要です。

求人数は完全非公開なので、あなたの転職理由をしっかりと伝えていくことであなたに合った求人を紹介してくれます。

公開求人非公開
非公開求人非公開
求人数

\ 保育園に興味のある管理栄養士は必見/

しんぷる栄養士に関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

しんぷる栄養士の評判|【採用担当者】が実際利用したときの感想を紹介

栄養士転職ナビ

転職エージェント栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビは、1~3ヵ月位かけて転職したい管理栄養士におすすめです。

管理栄養士の専門アドバイザーが徹底サポートを行うことが特徴で、業界に精通した情報が手に入るため、有利に転職活動を行えます。

管理栄養士特化型エージェントの中でもサイト型の求人も閲覧することが可能であり、公開求人が特化型のなかでもトップクラスの求人数であることも特徴です。

求人の幅が広いため、希望の業界に入りやすいことや、日本全国対応のため地域を選ばず利用可能なことも特徴です。

ただし「〇〇の業界に転職したい」「年収を〇〇万円アップしたい」など、明確な転職の目標がある人のほうが良い求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

公開求人9272件
非公開求人非公開
求人数

\ 登録30秒 /

栄養士転職ナビに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

【必見】栄養士転職ナビの評判と感想|管理栄養士におすすめできる理由

管理栄養士におすすめの総合型転職エージェント

おすすめエージェント

管理栄養士は専門職だけではなく、一般企業でも活躍できる職種です。

そのため、特化型だけではなくメーカーやドラッグストアなどに興味のある管理栄養士は確認しておきましょう。

ここでは、一般企業に強い管理栄養士でも利用できるおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

リクルートエージェント

 転職エージェントリクルート

リクルートエージェントをおすすめする人は、短期集中でスピード感のある転職を実現したい人です。

リクルートエージェントを利用するのは主に20代〜30代であり、非公開求人の数も業界トップクラスになります。

また、公開求人は他の転職エージェントと比較して圧倒的に多い26万件を保有しており、成約実績もNo1です。

転職ツールサービスが充実しており、簡単に職務経歴書が作れる「職務経歴書エディター」で、効率的に転職活動が進められるのもポイントです。

また、業界に精通した担当が希望や条件、スキルを考慮してあなたに合った企業を紹介してくれます。

応募やスケジュールを急かされる場合もあるようですが、スピード感を持って転職したい人にはむしろ好条件と言えるでしょう。

公開求人数400,773件
非公開求人295,645件
求人数

\ 求人数No.1/

リクルートエージェントに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントの口コミ・評判|管理栄養士が選ぶ転職エージェント

マイナビエージェント

転職エージェントマイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイペースにじっくりと充実したサポートを受けたい人におすすめです。

20代前半〜30代をターゲットとしており、

面談は夜間帯等に設定も可能で、LINEで気軽に相談ができるのも特徴の1つです。

また、マイナビにしかない求人が多くあり、転職回数別年齢別など転職状況に合わせてサポートを行ってくれます。

注意点としては、リクルートエージェントやdodaに比べると保有求人数は少なめの5.4万件となっています。

ただし、その分求人の質は高いので、じっくりと求人を比較したい人は最適だと言えるでしょう。

公開求人45,682件
非公開求人17,772件
求人数

\ 転職初心者に安心/

マイナビエージェントに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

マイナビエージェントの評判は?|管理栄養士が選ぶべき転職エージェント

doda転職エージェント

転職エージェントdodaエージェント

dodaエージェントは、転職が初めてであるものの、できる限り早く転職を実現したい人です。

20〜40代をターゲットとしており、

公開求人数はリクルートエージェントに次ぐ16万件業界2位です。

dodaには「ダイレクトリクルーティング」というスカウトメール機能があります。

待っているだけでリクルートされることが特徴で、なおかつレベルの高い企業からリクルートされることも多いです。

その他にも、今までの経歴から適正年収を診断してくれる「年収査定」や、120問の質問に答えることで自分の性格や向いている仕事のスタイルを知ることができる「キャリアタイプ診断」等があります。

あなたの強みや向いていることを、客観的な視点でアドバイスしてくれます。

求人提案の連絡が多いので、スピード感を持って、自分におすすめの求人を見つけたい人におすすめです。

公開求人199,821件
非公開求人239,156件(公開求人に含む)
求人数

\ 大手企業多数/

dodaエージェントに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

dodaエージェント評判と口コミ|管理栄養士におすすめエージェント

ハタラクティブ

おすすめハタラクティブ

ハタラクティブは、未経験業種で転職を検討している人におすすめです。

ハタラクティブは、第二新卒・フリーター・ニートをターゲットとしています。

求人の多くが、未経験業種OKなので新しい仕事に挑戦したい人や学歴・経歴に自信が無い人は登録してみる価値ありです。

未経験OKだからといって中小企業が多いと思いきや、なんとハタラクティブ利用者の86%は大手企業に内定を貰っています。

対象エリアが東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡なので、転職先がここ以外の人は注意が必要です。

公開求人2,958件
求人数

ハタラクティブに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブの評判|未経験の管理栄養士におすすめエージェント

管理栄養士におすすめのサイト型転職サイト

おすすめポイント説明する女性

先ほど、管理栄養士におすすめの転職エージェントを紹介しました。

一方で、転職サイトで転職をするという選択肢もあります。

転職エージェントは、求職者に対して担当者が付き書類作成や面接サポートを行ってくれることに加えて、企業との面談当日に同行してくれるサポートが用意されています。

ただし、基本的にはエージェントから紹介された求人に応募する形になるので、求人の自由度は低いかもしれません。

一方の転職サイトは、書類作成サポートなどは基本的に付いていないものの、すべての求人から自由に転職先を選ぶことが可能です。つまり、サポートは転職エージェントに劣るものの、自由度は勝ります。

そのため、転職サイトは「時間をかけて、じっくり自分に合った転職先を探したい人」におすすめです。

転職エージェントと転職サイトのそれぞれにメリットがあるため、併用して使うことを推奨します。

ここからは、管理栄養士におすすめの転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT

おすすめリクナビNEXT

リクナビNEXTは、多くの求人を比較して自分のペースで転職したい人におすすめです。

ターゲットは20〜30代としており、株式会社リクルートが運営している国内最大級の転職サイトです。

会員限定のグッドポイント診断で、自分の強みなど簡単に自己分析ができます。

自分の気が付かなかった、社交性や柔軟性などの強みが客観的に診断されるため、自己分析や自己PR作成に役立てることができます。

また、本格的に転職活動をしなくても、取り敢えずオファーを待つだけで非公開求人をオファーしてもらえます。

注意点としては、40歳以上の年齢だと求人数が少なくなります。

自分の年齢で求人が少ないと感じたら、上記の「マイナビコメディカル」のような幅広い転職サイトにも登録しておきましょう。

求人数100,417件
求人数

リクナビNEXTに関する詳しいことは、こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

リクナビNEXTの評判と口コミ|管理栄養士が選ぶ5つのメリット紹介

管理栄養士の転職は難しい?

おすすめ悩む白衣

管理栄養士の転職は、転職先により競争率は変わります。

病院や福祉施設は募集人数が少ないため、競争率が高くなります。

しかし、委託給食会社では企業の数が多く大量募集する傾向にあるため、未経験の場合は委託給食会社を希望することで、転職難易度を落とすことができます。

「給食管理」や「臨床栄養」など、やりたいことの棚卸をして、自己分析をしてから希望の業界を選択していくことが転職成功の秘訣です。

実務経験がない管理栄養士の転職

実務経験がない管理栄養士の転職は簡単ではありませんが、転職するなら需要が高まっている今がチャンスです。

管理栄養士は、年々需要が高くなっている職業の1つです。

たとえば、病院の場合は特に需要は高いと言えます。

なぜ需要が高くなっているかというと、2年に1度、診療報酬の改定で管理栄養士の役割が増えていることが理由です。

この診療報酬の改定で、国から「この業務をやるなら管理栄養士が必要です。管理栄養士以外がやったら報酬を減らしますよ」と言われています。

たとえば令和2年は回復期病棟配置、令和4年は早期栄養介入加算の見直しなど、年々病院は管理栄養士がいないと困る状況になっています。

そのことからも、病院での管理栄養士の需要はより一層高くなってきていると言えるでしょう。

病院以外では、介護福祉施設での管理栄養士の重要性も介護報酬の影響で高まっています。

たとえば、以前までは栄養ケアマネジメントという利用者の栄養管理計画をやったら算定だったものが、令和3年から義務付けられたことにより、栄養管理計画をやらないと減算になりました。

このように、介護福祉施設に関しても病院同様に需要が高まっているといえます。

そのため、以前に比べると採用枠が増えるので、需要が高まっている今が転職のチャンスと言えるでしょう。

実務経験ありの管理栄養士の転職

実務経験がある場合の転職は、書類や面接対策をすることで転職は可能です。

実務経験がある場合、病院や介護福祉施設の需要は高まります。

やりたいことと、できることの棚卸をしましょう。

転職が初めての場合、実務経験者でもタイミングにより転職が困難な場合があります。

そのため、しっかりと書類や面接の準備をする必要があります。

管理栄養士の就職先と仕事内容

転職エージェント仕事内容

管理栄養士は、厚生労働省の免許を受けた国家資格です。

ここでは、管理栄養士の就職先と仕事内容について紹介していきます。

病院

病院の管理栄養士の仕事内容は、大きく分けて給食管理部門と臨床栄養部門の2つに分けられます。

給食管理部門の業務内容は、献立に沿って食材を発注するところから、患者の食べ終わって下がってきた食器を洗浄し、保管庫に入れるまでの「食事」に関わる全ての作業です。

臨床栄養部門の業務内容は、患者の「栄養」に関わる全ての作業です。

病院により、算定している業務が異なることや、病院自体の機能により得意な仕事が違うため、しっかりと企業分析する必要があります。

栄養管理では、検査値を確認して足りていない栄養素を医師に提案し介入することで、内側から病気を改善していくことが役割です。

また、チーム医療では多職種連携を行っていくことで、重症度の高い患者に対して必要な栄養素を提案していき回復を目指します。

病院直営の管理栄養士は、患者の栄養管理栄養指導が主な仕事内容です。

病院直営は、患者の栄養に関して指導や管理していきたい人におすすめです。

介護福祉施設

介護福祉施設の管理栄養士は、利用者の病態に合った食事を提案するのと同時に、栄養の管理をしていくことが仕事です。

そして、利用者はなにより食事をとても楽しみにしています。

そのため、イベント食や行事食を中心に、利用者に対して食を楽しんでもらうことが重要な役割の1つといえます。

また、利用者によっては治療食を食べるため、一人ひとりに合った食事の提供が必要です。

喫食状況や状態を見ながら、必要に応じてとろみやソフト食、ペースト食を選択します。

普通食と同じカロリーやたんぱく質を摂らなくてはならないため、献立作成スキルが必要です。

給食管理や、イベントの企画力を発揮したい人にはおすすめです。

保育園

保育園での管理栄養士の仕事内容は、児童がより食に興味を持って食べられるように工夫しながら食育を行います。

具体的には、給食やおやつの献立作成と調整、調理、アレルギーへの対応、子どもへの食育指導、保育士や保護者への食育指導を行います。

献立作成では、レシピ自体はサイクルメニューとして固定で決まっていることが多いため、0〜6歳の子どもに合った食形態を考えて食べられるように調整をします。

調理の際には、特にアレルギー除去食には注意した調理が必要です。

子どもへの食育指導の媒体は絵本豆知識クイズが多く、子どもたちに興味が出るような工夫をする必要があります。

また、保護者への食育指導では献立表や食育だけではなく、苦手なものや離乳食に関することも伝えられると良いでしょう。

食育や子どもが好きな人は保育園がおすすめです。

委託給食会社

委託給食会社は、会社からそれぞれ病院や介護福祉施設、学校などに派遣され給食を作ります。

仕事内容は、主に献立作成から患者様の食事を洗浄するまでの給食管理業務全般を行います。

施設との契約により、どこまで細かな仕事内容になるかは変わりますが、献立作成や食材の発注業務まで行えるようになると需要が高まります。

たくさんの企業があり、募集人数も多いため、ひとまず管理栄養士として給食管理に携わりたいという人におすすめです。

管理栄養士未経験でも転職する方法

転職エージェント初心者

結論として、管理栄養士の未経験転職は簡単ではありません。

しかし、正しい方法を押さえて転職エージェントと転職サイトを併用すれば、転職できる可能性はぐんと上がります。

ここでは、未経験転職の正しい方法を押さえつつ、転職の成功確率を上げる方法を紹介します。

管理栄養士の経験がある方が有利なことが前提

前提として、転職では経験者が有利なことは頭に入れておく必要があります。

なぜなら、経験者の方が職場の雰囲気に慣れていたり教育の手間を省けたりするからです。

その経験者に勝つには、魅力的なあなたの強みをアピールしていく必要があります。

自分の強みをアピールする効果的な方法として、企業HPの「求める人物像」に寄せていきましょう。

面接では、人事担当と栄養科採用担当の2名体制で行うことが多いです。

企業の人事担当は「継続性のある人物」を求めているのに対し、栄養科採用担当は「再現性があるか」を求めています。

未経験の場合は「再現性」が見込めないため、企業HPから力を入れている事業を参考にし、貴社でなければならない理由、「なぜ継続できるか」を強調することでポテンシャル採用を狙いましょう。

未経験の求人から選ぶ

未経験の求人は、とにかく頭数がほしい状態です。

栄養科の採用担当が妥協をしているだけで、経験者が欲しいことには変わりないことは頭に入れておきましょう。

未経験の求人でも自分の「強み」企業の「求める人物像」「継続できる理由」を意識してアピールする必要があります。

人物重視の採用をしている場合、職場の雰囲気に合うかどうかを見られています。

管理栄養士に必要なコミュニケーション力協調性素直さなどをエピソードと一緒にアピールしていけると良いでしょう。

正社員にこだわらない

正社員にこだわらず、非常勤パートで働いていくことも検討しましょう。

やりたいことを見つけるためには、まずは色々な経験を積む事が大切です。

たとえば病院の場合、非常勤パートでも栄養指導公開講座などはできるので、試してみるのも良いでしょう。

非常勤パートでも経験を積むことで転職に有利になるため、まず非常勤で経験を積み、将来的に社員を目指す方法をとれば、未経験で転職してしまうよりは転職の幅が増えるでしょう。

また、今後結婚する可能性がある場合は、ライフプランとキャリアプランを考慮することが大切です。

人事担当は応募者の年齢により、転職後すぐに産休育休に入られることを気にしています。

そのため、産休育休を取得する予定がある場合、正社員としてではなく非常勤パートとして働いていくことも視野に入れておきましょう。

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェント流れ

転職エージェントに登録してから、転職できるまでの流れを紹介します。

転職エージェントを初めて利用する人や、全体の流れを参考にしたい人はぜひ参考にしてください。

転職エージェントへのサービス申し込み

転職エージェントへの登録は希望時期、希望職種、希望勤務地、希望雇用形態、現在の勤務状況、直近の年収、過去の業務経験、メールアドレス等を登録します。

登録が完了したら電話連絡もしくはメールが届くまで待ちましょう。

電話連絡やメールによる状況確認

電話連絡は早いと登録後すぐに連絡があります。

すぐに連絡が無くても近日中に転職エージェントから連絡が入るようになっているため、サービス申し込み時に登録した情報をもとに今後の予定を立てていきましょう。

目安として2〜7日以内です。

キャリアアドバイザーとの面談

面談ではあなたに企業を紹介するためのすり合わせを行います。

最近の面談方法は感染の状況により電話やオンラインでの面談が多いです。

面談時にはあなたの求めている企業像を明確にして合う企業を紹介してくれます。

面談で聞かれること

主な内容としては、申し込み時に登録した内容の確認とこれまでの経歴、転職して何をしたいか、次の転職の希望条件、転職理由、転職希望時期を聞かれますので予め用意していくとその後がスムーズになるでしょう。

また、質問が一通り終わったら今後の方向性を確認しスケージュールを作っていきます。

転職の希望条件

転職条件とは希望業界や仕事内容、給与、休日、通勤時間、などがあります。

現職と比べて良い条件であればあるほど求人の数は少なくなります。

しかし、希望条件はあなたの転職の軸になっているため嘘や妥協をしてしまうとミスマッチの原因になりますので本音で伝えることが必要です。

求人の紹介

求人の条件が揃ったら担当のキャリアアドバイザーより求人が紹介されます。

転職エージェントにより条件以外にも社風職場環境を教えてくれるところもあるため聞いてみるのも良いでしょう。

注意点として条件に合わない求人を持ってくる担当はとにかく転職させたいだけでこちらのことは考えていない可能性があるので交代してもらうことも視野に入れましょう。

書類選考と面接

あなたの条件と企業の条件が揃うと担当が日程調整をしてくれますので面接に向けて対策を行いましょう。

書類作成や面接対策は1人で行うよりキャリアアドバイザーに添削、対策をしてもらうことをおすすめします。

おすすめする理由は、キャリアアドバイザーは転職のプロであり、転職先の事情も熟知しているため、あなたが1人で対策するよりも効率的で確実なためです。

内定後のサポート

企業から内定をもらえたらまず、内定通知書労働条件通知書を確認しましょう。

条件を確認して、やっぱり辞退をしようと感じたらキャリアアドバイザーを通して内定辞退を伝えるようにすれば問題ありません。

自分で辞退を処理してしまうと問題になってしまうこともあるため、必ずキャリアアドバイザーに相談してからアクションをおこす必要があります。

内定で問題なければ雇用契約を結び、入社手続きを行います。

また、在職中であれば退職手続きの必要もあるため手続きを行いましょう。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントメリット

転職エージェントを利用するうえでのメリットを紹介します。

  • 手厚いサポートを受けられる
  • 情報を見逃すことがない
  • 企業とマッチングしやすい
  • 推薦状で企業にアピールしてくれる

それぞれ順番に見ていきましょう。

①転職エージェントのメリット|手厚いサポート

転職エージェントのメリットは、時間短縮や正確な情報の入手、手厚いサポートとして支援を受けられることです。

1つの企業を分析するのに何時間もかけるより、条件を言うだけであなたに合った企業を紹介してくれるうえに、企業の事情を知ったキャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるので、採用の確率も上がります。

そのため、利用できるサービスは使い倒して短期転職を目指しましょう。

②転職エージェントのメリット|情報を見逃さない

希望している条件の企業を見逃さないこともメリットです。

1人で転職サイトを閲覧していても、タイミングが合わなければ良い企業はすぐに決まってしまいます。

あなたに合った条件を言っておくだけで新着情報を教えてくれるので、転職エージェントを利用していない転職者に比べて有利に転職活動ができます。

③転職エージェントのメリット|企業とマッチングしやすい

こちらの正確な情報を伝えることで、お互いの条件に合う企業とマッチングしやすいため、ミスマッチが起きにくいこともメリットです。

ミスマッチを防ぐためにも、あなたの正確な情報を予め転職エージェントに伝えておく必要があります。

④転職エージェントのメリット|推薦状で企業にアピールしてくれる

転職エージェントを利用することで、担当キャリアアドバイザーとあなたが面談できます。

その内容を踏まえて、強みや魅力を記載して推薦状として企業にアピールしてくれます。

転職エージェントのデメリット

おすすめng

転職エージェントを利用するうえでのデメリットを理解することも重要です。

デメリットを理解することで、有意義かつ効率的に転職活動を行えます。

他の求職者よりも有利に転職活動を行うためにも、デメリットをしっかりと理解しましょう。

①転職エージェントのデメリット|マイペースに転職活動ができない

自分のペースで転職活動したい人には向いていません。

なぜなら、担当エージェントは数多くの転職者を掛け持ちしているため1人ひとりをスピーディーにマッチさせて次の転職者を対応したいと考えているからです。

そのため、急かされていると感じてしまう人もいます。

②転職エージェントのデメリット|転職時期ははっきり伝えなければ後回しになる

最初の面談などでも、転職時期は伝えることが多いです。

しかし、時期が曖昧であったり、3ヶ月以上先の場合は求人が変わってきてキャリアアドバイザーも紹介しづらかったりするので、優先順位を落とされることもあります。

そのため、良い求人があればすぐにでも転職したいことを伝えて対応していきましょう。

➂転職エージェントのデメリット|全ての求人を紹介してくれるわけではない

また、気になる未公開求人も、あなたの市場価値次第で紹介してもらえない可能性があります。

未公開求人が良い企業というわけではありませんが、選べる母数が少なくなるので、スキルの幅は可能な限り増やしておきましょう。

④転職エージェントのデメリット|相性の悪い担当もいる

相性の悪い担当は見極めが必要です。

今の年収より低い企業や、条件に合わない企業ばかりを紹介されるようであれば注意が必要です。

相性が悪ければ交代してもらいましょう。

転職エージェント利用するうえでの注意点

  • 転職の方向性や軸が固まっていない人
  • 未経験か経験が少ない転職をする人

上記に当てはまる人は、今のままでは紹介が少ない可能性があります。

転職の方向性や軸は考えれば作れるため、転職エージェントの面談の前に作成しておきましょう。

転職の方向性や軸が固まっていないまま転職活動をしても、何のための転職だったかわからなくなってしまい、面接の際に矛盾が発生する可能性があります。

転職エージェントからの連絡がしつこいときの対処法は?

おすすめ仕事内容注意

転職エージェントは、メールで求人を送ってくることがあります。

しかし、その求人はあなたに合った求人ではない可能性もあります。

ここでは、転職エージェントがしつこいと思ったときの対処法を紹介します。

営業メールがしつこい場合の対処法

営業メールがしつこいと感じたときはメールのフィルタリング機能を使用するのがおすすめです。

営業メールは自動配信の場合が多いためアーカイブに残しておきいらないメールは削除しましょう。

電話連絡がしつこい場合の対処法

電話連絡が多いときは進歩の確認がほとんどです。

期限が守れていなかったり報告忘れだったりがないか確認しましょう。

対処法としてはメールでのやり取りに代えてもらう提出期限のあるものは期限を守るなどの対応をしましょう。

しつこいようであれば担当者を変更してもらいましょう。

連絡を無視するときのデメリット

  1. さらに連絡がくる
  2. 優先的に求人を紹介してくれなくなる

担当からの連絡がしつこいことを理由につい無視したくなる人も多いでしょう。

もし、メールや電話連絡を無視した場合のデメリットを紹介します。

さらに電話が掛かってくる

書類の提出期限が過ぎていたり、進捗確認の連絡が滞っていたりする場合に電話連絡が来ます。

担当者は大切なお客様である企業に書類の提出期限を提示している場合、状況を報告しなければなりません。

しかし、あなたがその連絡を無視した場合、お客様に迷惑をかけることになるので、担当者も必死に連絡を取ろうとします。

そのため、転職エージェントを有効活用したければ進歩状況や提出物があるときは期限を守るよう心がけましょう。

優先的に求人を紹介してくれなくなる

担当者からの連絡を無視し続けた場合、新規の求人を紹介してくれなくなる可能性があります。

なぜなら、転職エージェントから見て「企業はお客様」で「求職者は商品」だからです。

大切なお客様である企業に不安材料のある商品を紹介するのはリスクが伴うため、新規で求人を紹介してくれない場合もあります。

そのため、連絡を無視するよりは理由を伝えて今後の方向性を調整した方が良いでしょう。

転職エージェント|担当者の見極め方

スーツ女性人差し指

転職エージェントで重要なことは、担当者の選び方です。

担当者の選び方次第で、あなたの転職活動が成功するかどうかが決まります。

とはいえ、転職未経験である場合、担当者の見極め方は難しいと思うので、ここでは質の良い担当者と質の悪い担当者の見極め方を紹介します。

質の良い担当者

  • 相談を親身になって聞いてくれる
  • 管理栄養士の業界に精通している
  • あなたの希望に合う求人を持ってくる
  • キャリアアップに積極的になってくれる

質の良い担当者は知識や提案力があります。

さらにはあなたが希望している業界に精通しているため、あなたの希望条件にあった企業を紹介してくれます。

企業を紹介してくれた後も採用できるように書類の添削や面接対策などを徹底してサポートしてくれるでしょう。

質の悪い担当者

  • キャリアダウンの求人ばかりを紹介してくる
  • 対応が遅い
  • 業界に詳しくない
  • 転職するために必要なことを教えてくれない

質の悪い担当者は業界に詳しくないため、あなたは希望していないけど転職しやすい求人を多く紹介してきます。

「転職しやすいなら良いのでは?」と思うかもしれませんが、転職しやすい企業は今のあなたの給料より低い可能性が高いです。

「給料は低くてもあなたの経験や能力が活かせます」「会社の成長性があります」「会社から求められています」「収入だけがすべてじゃない」「他に案件がない」このようなことを言ったら注意しましょう。

そのような担当に当たっても大丈夫なように自分の市場価値を知っておき、複数の転職エージェントへの登録をしておく必要があります。

転職エージェントと転職サイトの違い

おすすめ面接説明悩む人

転職エージェントと転職サイトの違いは転職でのサポートが有るか無いかの違いです。

細かな特徴などはそれぞれちがうためサポート以外で細かくどんなことが違うのかを紹介します。

スクロールできます
特徴転職エージェント転職サイト
利用の気軽さ
転職活動期間
転職アドバイス
求人数
業界と企業の情報
未経験転職の求人数
企業との調整
採用率
転職エージェントとサイトの違い

利用する気軽さ

転職エージェントは担当者と打ち合わせをしたり、期限を決められるため気軽さはあまりありません。

転職サイトはマイペースにすすめられるため気軽に取り組めます。

転職活動期間

転職エージェントは1〜2ヶ月程度かかります。

転職サイトの場合は準備の度合いによりますが、しっかりと働きながら準備している場合、転職エージェントより早く内定を貰える可能性もあります。

準備が足りなかった場合は転職エージェントの方が有利になるでしょう。

転職アドバイス

転職エージェントからの書類添削や企業の特徴などのアドバイスを得られるため有利です。

転職サイトではサイトにあるツールや転職ノウハウのコラムなどで勉強することで補いましょう。

求人数

転職エージェントはあなたに合った企業を数社見つけてくるためその数社から選んで転職活動をすることになります。

転職サイト全体では多いサイトで10万件の求人があるため、多くの求人から選びたい人は何社でも応募できます。

業界と企業の情報

転職エージェントは希望業界や企業に精通しているキャリアアドバイザーであることが多いため、詳細な情報が欲しい場合はおすすめです。

転職サイトはサイト内にある求人に掲載されている情報がすべてなので情報量は少ないと言えるでしょう。

未経験転職の求人

転職エージェントは求職者の適正を活かせる企業を見つけて案内してくれますが、経験がある方が求人数は多いです。

転職サイトに掲載されている未経験求人の方が数は多く何社でも受けられます。

企業との調整

転職エージェントは企業との面接日の調整や入社時期の調整も行ってくれるため安心です。

転職サイトは全ての日程調整はあなた自身が行うことになりますので、何社でも登録できますが、スケジュールを自力で調整していかなければなりません。

採用率

転職エージェントは履歴書や職務経歴書などの書類を添削し、面接の練習も行ってくれるため採用率は高いと言えます。

転職サイトはサイト内ツールを利用して1人で行わなければならないため採用率は転職エージェントに比べて低めです。

管理栄養士が短期間で理想の職場に転職するコツ

おすすめ対策容説明する人

短期間で理想の職場に転職するコツは転職エージェントをうまく使い倒すことです。

また、担当のキャリアアドバイザーのやる気をあげることが重要です。

ここでは短期間で理想の職場に転職するコツとして転職エージェントを利用することに対する考え方とコツを紹介します。

事前準備をしっかり行う

キャリアアドバイザーとの面談までの事前準備をしているかどうかで短期間で理想の職場に転職できるかが決まります。

なぜなら、働きながらの書類作成には時間が掛かるためです。

期間としては1ヵ月間は見ておく必要がありますが、予め作成してあればその1ヵ月間まるまる企業分析や面接対策に使えるので面談の段階でほぼ書類は完成しているとスムーズに転職活動できます。

また、予め書類が完成していると実際に転職活動をしているときの負担を軽減できます。

予め用意できるものとして自己分析、履歴書、職務経歴書などがあります。

転職の軸を考える

転職の軸とは「どうなりたくて転職するか」「何のために転職するか」を考えていきます。

転職の準備を行っていくうえで優先順位を付けることは重要です。

なぜなら優先順位を作らずに企業を調べても目移りしてしまい志望動機や本当に転職したい理由が達成できなくなるためです。

収入アップやライフワークバランスなど、どんな理由でも良いのでなぜあなたは転職するのかを言語化できるようにしておく必要があります。

自己分析

自己分析とは「自分の強みは何か」「自分は企業のために何ができるか」を洗い出すことです。

自己分析ではあなたの強みやスキルをまとめて仕事としてやりたいことやりたくないことをはっきりさせておく必要があります。

転職の軸と自己分析から、なぜあなたは転職するのか、「何がしたくて」「何ができるのか」をまとめていくと自然とあなたの志望する業界が見えてくるはずです。

志望業界を絞る

志望業界を絞るためには業界を知る必要があります。

なぜなら管理栄養士の業界は幅が広いので仕事内容が大きく変わってくるためです。

あなたのやりたいことはどの業界なのか、様々ある業界の中から調べていくうちにその業界の平均年収などもわかってくるでしょう。

希望年収を定める

管理栄養士は業界により平均年収が異なります。

あなたの企業業界の平均年収を調べてあなたの市場価値からどのくらいの年収が妥当かを把握しておきましょう。

企業分析

企業分析は「どんな事業」をしていて「どんな人物を求めているか」を調べます。

あなたの転職する軸となるものをキャリアアドバイザーに対してもしっかりと伝えることでミスマッチを防ぐことができるため考えたておく必要があります。

履歴書

履歴書はあなたのプロフィールです。

名前や年齢、容姿、住所など基本的なものです。

PCと手書きは企業から指定されていなければどちらで書いても大丈夫です。

 PCの場合、フォントを「ゴシック体」や「明朝体」など見慣れたフォントを選びましょう。

手書きの場合、誤字脱字に気を付け、消せるボールペンは使用しない方が無難です。

フォーマットの種類は何種類かあるため、あなたがアピールしたいことの欄があるフォーマットを選びましょう。

職務経歴書

職務経歴書はあなたの取扱説明書です。

あなたにどんなスキルや実績があるのか、再現性があるかを確認します。

面接では職務経歴書を中心にあなたの人柄や考え方などを確認していきます。

管理栄養士はコミュニケーション力や協調性などを重視することが大切です。

転職時期は短期集中する

短期集中する理由はあなたが転職する時期が早まるだけではなく、転職エージェントにとってもメリットがあるため転職時期は早い時期に設定すると良いでしょう。

3ヶ月後には転職するくらいの気持ちで挑みましょう。

複数のサイトに登録する

デメリットの1つである担当と相性が悪いという欠点を解消できます。

「担当者を変えてください」と言えない方は他の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録することで求人の幅が増えて理想が見つかりやすくなります。

その転職エージェントしか持っていない独占求人を紹介してくれる可能性も上がります。

独占求人に応募し、ライバルを減らしましょう。

各社の特徴を利用し、サポートの良いとこどりをして有利に転職活動に取り組みましょう。

担当キャリアアドバイザーのやる気をあげる方法

手厚いサポートを受けたいと思うのであれば担当キャリアアドバイザーのやる気を上げる必要があります。

やる気をあげる方法は、あなたの転職に対する熱量をあげることで相手もやる気をあげてくれます。

キャリアアドバイザーにはノルマがあるため、やる気のない求職者よりやる気のある求職者に時間や手間をかけたいと思っています。

たとえば、職場においても積極的に仕事の内容を聞きに来てくれるやる気のある後輩と、言われたことだけを取り敢えずやっているやる気のない後輩では、やる気のある後輩に時間や手間をかけたいと思いますよね。

将来性のある人に時間と手間をかけたいと思うのはキャリアアドバイザーも同じです。

そのため、手厚いサポートを受けたいのであればキャリアアドバイザーのやる気をあげましょう。

また、転職時期を3ヶ月以内とすればプラスで優先順位があがりますので、短期間での転職を考えているのであれば担当者に伝えておきましょう。

まとめ

転職エージェントの選び方は希望職種の求人が多いところを選ぶことが重要です。

また、事前の準備を行い複数の転職エージェントに登録することがポイントです。

特に実務経験なしで転職を考えている方は1人での転職は難しいため転職のプロである転職エージェントの力を借りる必要があります。

あなたは転職ができて企業は求めている人材を獲得できて、転職エージェントは報酬が入るためみんなが幸せになれます。

特に、転職エージェントを利用することでデメリットはありますが、リスクは0なので転職市場をしるためにも相談だけでもしておく価値はあるでしょう。

転職エージェントにどうしても抵抗がある方は、当記事で紹介している管理栄養士の求人が多いサイト型の転職サイトに登録しましょう。

おすすめ転職エージェントと転職サイト

スクロールできます
おすすめ転職エージェントターゲット特徴
リクルートエージェント20~30代業界トップクラスの保有求人数
マイナビエージェント20代前半~30代マイペースに充実したサポートを受けられます。
dodaエージェントサービス20代~40代業界2位の保有求人数、転職が初めての人にもおすすめ
栄養士ワーカー管理栄養士・栄養士管理栄養士栄養士の特化型エージェント
栄養士転職ナビ管理栄養士・栄養士管理栄養士栄養士の特化型エージェント
ハタラクティブ20代未経験職種・第二新卒・フリーター・ニートに特化した求人
マイナビコメディカル20~40代の医療業界への転職希望者医療に特化した転職サイト
おすすめ転職サイト
リクナビNEXT20~30代自己分析ツールあり
求人数
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる